審査に通らなくても諦めない!柔軟な審査を行ってくれる街金

消費者金融にお金を借りようとしても、
短期間に申し込みすぎたり、
そもそも債務整理をしてブラックリストに載ってしまった後だったりと、
様々な要因で審査落ちの憂き目に遭ってしまうケースは多々想定されます。

 

それでも、今現在手元にお金がないために、
「お金借りたい!」と切望するのは仕方がないものです。

 

そこで、今回は独自に柔軟な審査を行ってくれる
消費者金融を紹介したいと思います。

 

 

審査落ちする理由は信用情報にあり

消費者金融に融資の申し込みをする際に、
審査落ちしてしまう理由としてはいくつか考えられますが、
共通しているのは「信用情報機関に登録されている情報に、
審査で不利になる情報がある」ということです。

 

 

大手の消費者金融は、
JICC(日本信用情報機構)やCIC(株式会社シー・アイ・シー)、
KSC(全国銀行個人信用情報センター)などの
信用情報機関に登録されている信用情報をもとに審査を行います。

 

この信用情報機関に登録されている情報の中には、
「融資の申し込みをした履歴」や「金融事故情報」などが載っています。

 

 

例えば、短期間に何社も申し込んだ場合、
その履歴は信用情報として登録されていますから、
「何社も申し込んでいるということはお金に困っている、
即ち確実な返済が期待できない」と判断されて審査落ちとなります。

 

金融事故情報が登録されている場合も、
同様に審査に不利となります。

 

金融事故情報とは、債務整理を行ったり、
過去に返済を長期に渡り延滞したりした場合に登録されるものです。

 

これら事故情報が登録されている場合は返済の見込みが絶望的と判断され、
審査に通ることは極めて難しくなります。

 

このように、大手の消費者金融は信用情報機関の情報を厳格に参照しているために、
信用情報に不利な情報があれば、
それだけで審査落ちとしてしまうのです。

独自の審査基準で、柔軟に審査してくれる街金を頼ろう

大手の消費者金融が、
信用情報機関に不利な情報が載っているだけで
即座に審査落ちとするのには、理由があります。

 

大手の消費者金融は当然顧客を多く抱えているため、
合理的に審査を行います。

 

言い換えれば、
お客さんに合わせて柔軟な審査ができないのです。

 

 

では、諦めるほかないのでしょうか。
ここで逆転の発想をしましょう。

 

大手の消費者金融に審査落ちする理由は「信用情報を厳格に参照しているため」です。

 

つまり、「信用情報機関に登録された情報以外も考慮して、お金を貸してくれる」
消費者金融に依頼すれば良いのです。

 

もちろん、ここで短絡的に闇金を頼ってしまうのはNGです。

 

貸金業法に則った経営をしている消費者金融には、
柔軟に審査をしてくれる会社は多いです。

 

それが、いわゆる「街金」と呼ばれる中小規模の消費者金融です。

 

街金は規模が小さい分、
お客さんに合わせて柔軟に審査を行うことが可能なのです。

 

 

私は以前債務整理をして金融事故情報が載っている状態でしたが、
急にまとまったお金が入用となりました。

 

もちろん大手の消費者金融の申し込みは絶望的とわかっていましたので、
街金を頼ることとしました。

 

利用したのは愛媛県に本社を構える「株式会社セントラル」です。

 

この会社は、信用情報だけでなく、
「いま現在の状況で返済能力があるか」を確認します。

 

そのため、申込時の電話確認で勤務先の状況や他社借入状況など、

 

様々な情報を細かく聞かれましたが、
審査に必要な情報と考えて全て正直に伝えました。

 

その結果として審査に通り、融資をしてもらうことができたのです。

 

このように、街金は信用情報に傷があったとしても、
現在の返済能力さえ問題がないのならば、審査を通してくれるのです。

 

返済も全国のセブン銀行ATMを使用できるため、
手軽に返済を行うことができました。

 

 

もちろん、大手の消費者金融はサービスが手厚かったり、
審査さえ通れば大きい融資枠を用意してくれたりと、
大手なりに有利な面はあります。

 

しかし、大手の消費者金融に審査落ちしてしまった場合は、
こうした中小の消費者金融を頼るのが正解なのです。

 

 

ブラックでも融資してくれる所

TOPへ