ブラックリストでもお金を貸してくれる金融機関はある?

金融機関からお金を借りたい場面はさまざまですが、誰でもお金を借りられるというわけではありません。
銀行や消費者金融では、お金を借りる際のローンを組むために審査を受ける必要があり、審査に通過した場合のみお金を借りることができます。
ここで気になるのが、ブラックリストに入っている人であってもお金を貸してくれるところはあるのかという点。
ブラックリストというのは、過去に借金返済に失敗していたり、問題ある行動が多かったりするユーザーを登録したリストのことで、情報機関内にデータが保存されます。
具体的な基準として挙げられるのが、債務整理をしたことがあるかないかというもの。
借金を返済できなかった際、借金の金額を減額、もしくは全額免除にするための処置が債務整理です。
任意整理という比較的軽い任意整理ならブラックにされることはあまりありませんが、自己破産など重い債務整理をした経緯がある場合、リストに入れられている可能性が高くなります。
しかし、そういった過去がある方でも、どうしても借りたいような場面というのは少なくないでしょう。
結論として、ブラックリスト入りの方が金融機関からお金を借りることは、基本的にできないようになっています。
理由は、そもそも審査の段階でリストに入っている人を通過させないような仕組みになっているから。
審査する際、銀行や消費者金融では必ずブラックリストに入っているかどうかというのを第一に確認します。
リストに情報がある場合、問答無用で審査に落ちることがほとんどです。
「消費者金融や中小の金融機関は審査が甘い」と言っている方も少なくありませんが、いくら審査が甘いところであっても、ブラックリストに入っている人が審査に通過できるほど甘くはないでしょう。
しかし、リストに入ったから二度とお金を借りられないというわけではありません。
10年ほど経てば基本的にはブラックから外されるので、お金を借りたい場合は数年ほど待ってから借りると良いでしょう。

TOPへ