独自審査をしている街金は審査甘い

街金の中には独自審査をしているところもあり、平均的にみると審査甘いのが特徴です。
ただ、最初に断っておきますが決して無審査という意味ではありません。
また、審査甘いということは結果的にはそれだけ返済に行き詰まる人が多くなりがちなのは否定できないことであり、その分だけ他よりは金利を高くしないことには街金としても経営が成り立ちません。
つまり、利用者からみればそれだけ多くの金利を負担する必要があることは頭に入れておきましょう。
独自審査の意味合いですが、普通の街金はそのような複雑なことはせず、ただ信用情報機関に問い合わせ結果そのままに融資の可否を判断しています。
独自審査とは信用情報機関を利用しないわけではなく、問い合わせは普通に行うものの、その結果そのままに融資の可否を決定しているのではなく、そこに独自の判断基準を加えているものを指します。
言葉の上では、信用情報機関の問い合わせ結果よりもさらに厳しい基準を独自に持っていても全く構わないわけですが、現実にはそのような街金はまず存在せず、照会ではかなり融資が厳しい結果が出ていたとしても、自社固有の判断基準によってこの人には融資できるだろうと判断してくれるようなものを独自審査と呼んでいるわけです。
ですから、多少審査甘いことは事実ですが、全く箸にも棒にも掛からないような人にまで無制限に融資してくれるわけでは決してありません。
あくまで、ボーダーライン上にいるような人を救ってくれるようなイメージです。
信用情報機関はあくまでも過去の情報を蓄積していき、それを元に判断することに長じているわけで、現時点の申込者の状況や将来の見込みまで情報として持っているわけではありません。
独自審査とは、このように信用情報機関が必ずしも十分な情報を持っているわけではないこれらの点について、自社固有の判断基準を持っていると考えても構わず、逆にいうと現在はしっかりした収入があって将来もそれが期待できることを示す必要があります。

TOPへ