消費者金融の審査なしと独自審査の違いとは何か

消費者金融からお金を借り入れる場合には、一定の基準に基づいた様々な審査が行われている事はよく知られています。
一般的には一定の年収を確保しているかと言うことと、勤続年数が一定の年数以上あるかどうか、またその会社に対して現在在籍しているかといった点です。
その他にも住宅ローンや持ち家でない場合には家賃の金額等が審査の対象となる場合も多くなっています。
その中でも最も厳しくチェックされるのが、他社からの借り入れです。
特に商社金融の場合には総量規制の対象となっているため、他社からの借り入れを含めて借り入れの総額が年収の3分の1を超えてはいけないと言う規定が設けられており、これに違反すると消費者金融自身が処罰されることになるためこの点に関しては厳格に審査が行われることになるのです。
そのためこれらの基準のどれかに関して問題があると、借り入れをすることができないと言うことになります。
しかし中小の消費者金融ではこれらの基準以外に様々な状況を考慮して審査を行うところが多く、独自審査の結果により総合的な判断で融資を行うと言うところも少なくありません。
これは過去に様々なトラブルを発生させていても現在は安定した年収があると判断される場合や、現在一定の職業についていなくても十分に貯蓄や収入源があると判断されるケースです。
そのため、これらの金融機関では場合によっては収入がない専業主婦であっても融資を受けることができることも少なくありません。
審査なしは全く審査を行わないと言うことであり、これは総量規制が存在する消費者金融では考えられないこととなっていますが、銀行などの金融機関では審査なしで融資を行うことも少なくありません。
これは銀行などの場合にはその人に対して様々な金融サービスを行っており、例えば過去に住宅ローンなどを利用し返済の実績があったり、現在その銀行などに対して預貯金が存在している場合などは審査なしで融資を行うと言うことも多いのが実態です。

TOPへ